プログラミングを勉強している人に役立つかもしれないブログ

PHPの勉強の順番や、入門サイト、関数名の正式名称、そして海外のものを含むプログラミングを使ったサイトなどをご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PHP の勉強法: どんどん進むことのススメ


今回は、プログラミングの学習を進めていくときの
自分なりのコツみたいなものをお話しさせていただきます。

コツって言ってもそんな大層なもんじゃないですけどね(^^;)
気づきみたいなもんかな……。



初め PHP からスタートしたときはすっごく時間がかかりました。
いちいち躓いてばっかで全っ然進まなくて。

「こんなんで大丈夫なのかなぁ」
「やっぱ私にはムリなんじゃないのかなぁ」

と、かなりネガティブ思考にもしばしば囚われました。
今思えばそんなこと考えてる時間こそムダだったかも(^^;)

でもちょっと慣れたかなぁって頃に、思ったんです。
とにかく進んでみて、後から戻ればいいじゃん!って。

これって他のことにも当てはまるんですよね。
例えば小説や脚本や記事を書くときなど。

私は翻訳家なんですが、長いものはまずサクサク荒訳して、
次に頭から見直しながら修整していきます。

プログラミングの勉強でも同じことをすればいいんだ、
と気づいたのです。

もちろん何でも基本も何もかも飛ばしてったらダメですが、
その時どうしても理解できない部分や、躓いてしまった小さいことは
必要になったときに戻ってきて、詳しく学ぶことにしようと決めました。

それからですね、少しスムーズに進むようになったのは。

考えたらその方がずっと効率的ですよね。

だって後で戻るときには、もう少し知識も増えてるはずだから、
もっと簡単に解決できる・理解できる可能性が高いんですから。

確かにある1つのことが分からないまま先に進むのは
気持ち悪いし、不安も感じるかもしれないですが、

マスターできた感じがしなくても立ち止まらずに
先へ行くことをおススメします。

結果、私の場合は、新しい関数の例を学んでいて
前に理解しきれなかった別の関数を理解できたりしました。

そして PHP は基本だけ学んだら、Perl に進みました。
PHP で分からなかったのに、Perl で初めて理解できたなんてこともあります。

私も全然まだまだで、知識も穴ぼこだらけですが、
穴は後から1つずつ埋めていけばいいと思ってます。

プログラミングを学んでる皆さん、
お互いがんばりましょうね♪


<お知らせ>----------------------------------------------------------------------------------------

fullset.jpg


【フルセット】プログラマー学校

----------------------------------------------------------------------------------------<お知らせ>




  1. 2012/05/09(水) 17:15:39|
  2. PHPの学習
  3. | コメント:0
<<海外の無料テキストエディタ: Emacs | ホーム | プログラミングを使ったサービス: localiz.me>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。