プログラミングを勉強している人に役立つかもしれないブログ

PHPの勉強の順番や、入門サイト、関数名の正式名称、そして海外のものを含むプログラミングを使ったサイトなどをご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プログラミングを使ったサービス: API について


「API というものを使ってマッシュアップサイトが作れたらなぁ」
というのが、私がプログラミングの勉強を始めた動機でした。

でも企業やサイトが API を提供する理由って
あまり考えたことなかったのですが、

そんなことを考えさせられる記事に出会ったので、
ちょっと今回は考えてみることに……。



無料の API が提供されている理由について、
私は以下のように推測していました↓

・企業の宣伝やブランディングできるから?
・自社のサイトにアクセスが見込めるから?
・他の開発者や新人の手助けができるから?
 またそれがウェブ界への貢献にも繋がるから?

私が思いつけたのはこんなとこです。
合ってるかどうかも分かんないけど(^_^;)

そして出会った記事というのは以下の2つです:

MA4テクノロジ賞「Newsgraphy」レポート!
MA4最優秀賞作品「ChaMap」を直撃!

各記事の真ん中あたりにある「API提供企業を直撃!」
にご注目くださいね。

Yahoo! のように複数の API を提供している場合、
API によってメリットも異なるのですね。

ニュース系の API であればアクセスアップ、
オークション/ショッピング系は売り上げアップ、
検索やテキスト解析などは技術力を提示することでブランディング強化、

という感じで。

PlaceEngine は無線 LAN アクセスポイントの位置情報をデータベース化して、
電波情報からデバイスの位置を現在地情報として予測する、という
サービスみたいです。

こちらのサービスの場合は、位置情報データベースを充実させることが
キーポイントとなるわけなので、API を公開することによって
利用者が増え、利用されればされるほどデータベースも充実、ということなんですね♪

なるほど……勉強になりました!


<ご紹介>----------------------------------------------------------------------------------------

tukuruuru.jpg


【作る+売る】プログラマー学校

----------------------------------------------------------------------------------------<ご紹介>




  1. 2012/11/08(木) 16:38:34|
  2. ネットサービス
  3. | コメント:0
<<海外の無料テキストエディタ: skEdit | ホーム | PHP の勉強におススメの記事: 使える関数のピックアップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。