プログラミングを勉強している人に役立つかもしれないブログ

PHPの勉強の順番や、入門サイト、関数名の正式名称、そして海外のものを含むプログラミングを使ったサイトなどをご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英語検索するときは Google.com を使う


プログラミング系の検索に英語を使おう!
英語の勉強にプログラミングを使おう!
っていうような話をず~っとしてきました。

この辺りでそろそろ、もう少し具体的な
リサーチのヒントなどをご紹介してこうかと思うのですが……

その前に検索するときの基本的なことを
1つお伝えしておきます。

まず検索エンジンは Google を使うのですが、
google.co.jp ではなく google.com を利用するのが
けっこう大きなポイントです。



理由はワードを入力すると表示される
キーワード候補に関係があります。

日本語版でもできないことないんだけど、
google.co.jp で検索すると、そのワード候補に
どうしても日本語のワードが入ってきてしまうんですよね。
(英語+日本語のワード候補も)

で、その分英語だけのワード候補が
少なくなってしまうんですよ(>_<)

あと検索結果ページの下の方にも
「関連する検索キーワード」が表示されるけど、
これも同じことです。

日本語版だと日本語ワードが入ってきます。

Google.com で検索すれば、検索ワードの候補は
全て英語だし、数も多いです。

検索のバリエーションも広がるのはもちろんだけど、
このワード候補を見るだけでもかなり勉強になります。
英語とリサーチの。

英語的には語彙が増えるし、リサーチ的には
どんなワードを使えばいいのか、というのが
だんだん分かるようになります。

だから英語版 Google で検索するクセをつけましょう!

ちなみに以前は検索結果からも、ページの右下で
日本語版と英語版を簡単に切り替えられたんだけど、
最近それができなくなってしまいました。

だからトップページの右下で切り替えておくやり方もあるし、
ブックマークしとく方法ももちろんアリだけど、

アドレスバーに google.com と入力しちゃうのが
1番簡単だと思います♪

(その昔はこれをやると自動的に google.co.jp に
切り替わっちゃって、超不便だったんですけどね^_^;)


こちらの記事もどうぞ↓
英語は別にマスターしなくたっていい
英語できたらこんなに得した!



  1. 2013/12/17(火) 17:37:03|
  2. 英語関係
  3. | コメント:0
<<関数の正式名称の調べ方 | ホーム | プログラミング学習に英語を使う、英語学習にプログラミングを使う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。