プログラミングを勉強している人に役立つかもしれないブログ

PHPの勉強の順番や、入門サイト、関数名の正式名称、そして海外のものを含むプログラミングを使ったサイトなどをご紹介します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PHP の勉強法: 分からないことが出てきたときのヒント


前に「どんどん進むことのススメ」という記事を書きましたが、
少し関連することをお話しさせていただきます。

その記事の内容は、どうしても分からないことにぶつかったときは、
飛ばして先に進むといいよ♪という感じでしたね。

でももちろん何でも飛ばせばいいってものではありません。
何でも飛ばしてたら近いうちに困ります(^_^;)



でも分からないものは分からない……
そんなときの第1のヒントは検索することです。

当たり前なことではありますが、使っている参考書や
メインの教材として参考にしているサイトに固執するのではなく、
何とか理解しようと無理矢理1つのものにしがみつくのではなく、

1度それから離れて、まずは検索してみましょう♪

私は理解できないとき、いつでも後で戻るつもりで進めていきますが、
同じテキストに戻ることはあまりありません。

後で見直してみて「あ、これ今は分かる~」ということはありますが、
大体別のサイトで理解したり、知識を深めながら復習しているという感じです。

参考書やサイトがどんなにいいものでも、ある1つのことに関しては
どうしても理解できない場合があります。

そして別のサイトの、言い方が少し変わっただけの説明や、
別のコードの例を見るだけで、突然分かることも多いです。

だからこれが第2のヒントになりますが、
検索するときは複数の例を探すようにすると良いですよ♪

複雑で高度すぎるコード、まだ習っていない関数がたくさん使われている例は
なるべく避けるようにしましょう。

もちろん新しい関数を見たら、ちょこちょこっと調べておくと
予習になって後で楽ですけどね(^_^;)

とにかく自分でも分かるレベルの例をいくつか探します。

1つの例だけで完全に理解できるものが見つかればベストですが、
そうでない場合は複数の例を比べることで理解できることもありますよ~。

少しでも参考になれば幸いです……。


<ご紹介>----------------------------------------------------------------------------------------

gamification.jpg


ゲーミフィケーション辞典48 19,800円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご紹介>




  1. 2012/07/08(日) 14:45:10|
  2. PHPの学習
  3. | コメント:0
<<プログラミングを使ったサービス: コピー裁判所 | ホーム | プログラミングを使ったサービス: Google Maps に YouTube をプラス♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。